たかさきし生涯学習まちづくり出前講座

日々の暮らしの中で高崎のことをもっと知りたい、地域に密着した話が聞きたいと思うことがありませんか。高崎市では市民の生涯学習の求めに応じて、職員などを講師として学習会や地域の集まりに派遣しています。

どのような講座があるの?
高崎市のいろいろな制度をわかりやすくご案内する講座を始め、身近な健康、防犯や防災に関するもの、まちづくり、新エネルギー活用、また高崎の歴史に関するものなど、豊富なメニューを揃えています。講座の内容を掲載したパンフレットを、社会教育課、または担当課、地区公民館、各支所地域振興課や各市民サービスセンターなどでお配りしていますので、ご利用ください。

※ 消防局が実施する防火講習会・応急手当講習会の講座については、講座の種類により申請書が異なりますので、下記へ直接ご連絡いただくか、または消防局HPをご確認ください。
http://ted.city.takasaki.gunma.jp/shoubou/top.htm

○ 防火講習会 消防局予防課 027−324−2214(直通)
○ 応急手当講習会 消防局警防課 027−324−2216(直通)

出前講座実施の一例です

市健康課が担当する「健康寿命をのばすコツ〜健康づくり編〜」が実施されました。
(H29.9.28)

「健康寿命ってなに?」それは日常生活に制限がなく、自立してすごせる期間です。講師より、健康寿命をのばすには、日常の生活習慣の見直しと食生活などの改善ポイントについて、講話とパワーポイントを使いながら、わかりやすい解説がありました。また、クイズや身体活動チェックなど受講者が参加できる講座内容となっています。みなさんもこの講座を受講して、健康寿命をのばす「コツ」を学び、日常生活に制限がない生活を実践してみませんか!
【受講者の声】
自分ひとりで不自由なく日常生活ができるためには、日常生活の中で食事、運動の大切なことが理解できました。

 ○講座当日に配付された資料 市健康課が担当する「健康寿命をのばすコツ〜健康づくり編〜」が実施されました。(H29.9.28)

市一般廃棄物対策課が担当する「ごみの出し方、減らし方、活かし方」が実施されました。
(H29.8.24)

「ごみの出し方5原則」の講話からはじまり、市で行っているごみの減量『3切り運動』として「使いきり・食べきり・水切り」のご協力とお願いなど、ごみの排出量を減らす運動をしていることや、『3Rの取り組み』として、「リデュース・リユース・リサイクル」も行っていることなど、わかりやすい説明がありました。また、市への問い合わせが多いごみの分別方法を教わり、「ごみの出し方」の問題点など再確認できる講座です。
【受講者の声】
今までごみだと思って出していた物が、今回の講座を聞いてリサイクルにまわせる物がまだまだあることに気がついたり、生ごみを「3切り運動」によりもっと減らせることを気づかせていただきました。

 市一般廃棄物対策課が担当する「ごみの出し方、減らし方、活かし方」が実施されました。(H29.8.24)

市地域交通課が担当する「高齢者の交通事故防止」が実施されました。
(H29.7.27)

パワーポイントによる交通安全講話から始まり、うぐいすクラブの方による歌体操で身体を柔軟にしてから、童謡での駆け足歌やクイズなどで脳を活性化して、寸劇で笑顔になり、最後に交通安全映画を視聴し、交通事故防止を学びました。安全な運転、通行で「交通事故を起こさない」、「被害に遭わない」、「暗くなっての外出はタスキなど反射材を身に着ける」など、わかりやすく、楽しく学べる参加型の講座です。たくさんの方に受講していただきたい内容です。
【受講者の声】
 高齢者の交通事故防止に対して再認識することができました。

 市地域交通課が担当する「高齢者の交通事故防止」が実施されました。(H29.7.27)

市スポーツ課が担当する「軽スポーツで体力づくり」が実施されました。
(H29.6.1)

「スマイル・ボーリング」
講師よりルールとゲームの進め方の説明があり、その後、2チームに分かれ白熱したゲームが2ラウンド展開されました。会場全体が笑いと熱気に包まれた楽しいラウンドとなりました。
【受講者の声】
ほとんどの方が「スマイル・ボーリング」は初めてだったのですが、講師の方のご指導もあり皆で楽しく盛り上がりよかったです。

市スポーツ課が担当する「軽スポーツで体力づくり」が実施されました。(H29.6.1)

市民生活課消費生活センターが担当する「お困りではないですか 悪質商法」が実施されました。(H29.5.10)

「悪質商法・詐欺から高齢者を守りましょう」
講師より高齢者の被害の特徴、悪質商法撃退のポインなど、最近の相談事例でわかりやすく説明がありました。
【受講者の声】
私たちの身の回りでも、こうしたトラブルも日々起きていることから、自分は大丈夫と過信せず、改めて本日の講座を振り返り注意するとともに、地域の高齢者の方々にもあわせて注意喚起していきたいと思います。

 ○講座当日に配付された資料市民生活課消費生活センターが担当する「お困りではないですか 悪質商法」が実施されました。(H29.5.10)

申し込みについて

申し込みできる方
原則として、市内に在住・在勤・在学している10人以上の団体またはグループで、会場の手配や講座開催の案内(開催周知のためのチラシ作りなど)・運営などが可能である方。
開催時間は、午前10時〜午後9時の2時間以内。 (※年末年始の市の休日及び祝日を除く)
会場
会場は原則として市内です。出前講座主催者の市民の皆さんで、会場の準備、手配をお願いします。
講師料
無料です。ただし、講座によっては実費を負担していただくものがあります。
申し込み方法
開催予定日の1か月以上前までに担当課または社会教育課へ、申請書を提出してください。
※講座終了後7日以内に、実施報告書を提出してください。
【注意事項】
次の場合は出前講座に申し込みできません。
仝序良俗を阻害するおそれのあるとき。
特定の政治、宗教活動につながるおそれのあるとき。
1塚を目的とする活動に利用されるおそれがあるとき。
だ譴藏貍陝陳情を目的とした事業であるとき。
その他注意事項
この出前講座は、申し込まれた講座に関する質問や意見交換等は含まれますが、苦情や陳情を受ける場ではありませんのでご理解ください。
出前講座一覧2017.pdf
申請兼承諾書及び実施報告書(ワード形式)
申請兼承諾書及び実施報告書(PDF形式)

▲このページの上部へ