たかさきし生涯学習まちづくり出前講座

日々の暮らしの中で高崎のことをもっと知りたい、地域に密着した話が聞きたいと思うことがありませんか。高崎市では市民の生涯学習の求めに応じて、職員などを講師として学習会や地域の集まりに派遣しています。
どのような講座があるの?
高崎市のいろいろな制度をわかりやすくご案内する講座を始め、身近な健康、防犯や防災に関するもの、まちづくり、高崎の歴史に関するものなど、豊富なメニューを揃えています。講座の内容を掲載したパンフレットを、社会教育課(市役所15階)、または担当課、地区公民館、各支所地域振興課や各市民サービスセンターなどでお配りしていますので、ご利用ください。
※ 消防局が実施する防火講習会・応急手当講習会の講座については、講座の種類により申請書が異なりますので、下記へ直接ご連絡いただくか、または消防局HPをご確認ください。
http://ted.city.takasaki.gunma.jp/shoubou/top.htm
○ 防火講習会 消防局予防課 027−324−2214(直通)
○ 応急手当講習会 消防局警防課 027−324−2216(直通)
 

申し込みについて

申し込みできる方
原則として、市内に在住・在勤・在学している10人以上の団体またはグループ。
開催時間・会場
開催時間は、午前10時〜午後9時の2時間以内※年末年始の市の休日及び祝日を除く
会場は原則として市内です。申請者が用意し、講座の案内・運営をしてください。
講師料・経費
講師料は無料です。一部の講座では材料費を負担していただくものがあります。
申し込み方法
開催予定日の1か月以上前までに、所定の「申請書兼承諾書」に必要事項を記入し、郵送、ファックスなどで、担当課または社会教育課へお申し込みください。
メールでも受け付けます。
たかさきし出前講座2018一覧.pdf
申請書兼承諾書及び実施報告書(ワード形式)
申請書兼承諾書及び実施報告書(PDF形式)
【お願い】
・希望日時は、第2希望までご記入ください。
 ※ 業務の都合により、希望日時を調整させていただく場合があります。
・講座終了後7日以内に、実施報告書を担当課へ提出してください。
その他
次の場合は出前講座に申し込みできません。
仝序良俗を阻害するおそれのあるとき。
特定の政治、宗教活動につながるおそれのあるとき。
1塚を目的とする活動に利用されるおそれがあるとき。
だ譴藏貍陝陳情を目的とした事業であるとき。
この出前講座は、申し込まれた講座に関する質問や意見交換等は含まれますが、苦情や陳情を受ける場ではありませんのでご理解ください。
問い合わせ先
高崎市教育委員会教育部社会教育課
〒370ー8501 高崎市高松町35番地1
TEL:027ー321ー1295(直通)
FAX:027ー328ー4744
Eメール:ky-shakyou@city.takasaki.gunma.jp

出前講座実施の一例です

市保育課が担当する
「乳幼児の発達や病気」が実施
されました。
(H30.11.8)

 子どもに起こりやすい事故などは、生後1歳までは家の中が多く、1歳からは屋外が増えるため、それぞれの年齢に合った事例紹介があり、ケア方法を学びました。
また、おう吐物の処理手順も習い、「手あらいのうた」に合わせ手洗いをした後、洗い残しをブラックライトにあてて確認しました。すぐに実践できる充実した講座内容でした。
【受講者の声】
手洗いが具体的に分かりやすく参考になりました。これから子どもに教えて一緒に手洗いができ、子どもの起こしやすい事故は、家でひとつずつ確認してみようと思いました。  

市保育課が担当する「乳幼児の発達や病気」が実施されました。

市多胡碑記念館が担当する
「上野三碑について」が実施
されました。
(H30.6.27)

 ユネスコ「世界の記憶」に登録された上野三碑は、山上碑、金井沢碑、多胡碑の総称であり、飛鳥、奈良時代に建てられ、大正10年に「史蹟」第1号に指定されました。講師より、それぞれの碑の経緯、特性など、手作りの資料や写真などでわかりやすい解説がありました。また、講師が実際に碑文を読み、何が記されているか、漢字と仏教や政治制度から碑の歴史的背景なども学びました。受講後は、上野三碑を見学に訪れたくなる講座内容でした。
【受講者の声】
昨年の記憶遺産登録後、会員の話題・関心ごとのひとつであったテーマであり、市広報等で若干の予備知識も持ち合わせていました。講座は、講師手作り資料により、わかりやすい解説をしていただき満足した内容でした。今後は現地研鑽についても検討をしています。

市多胡碑記念館が担当する「上野三碑について」が実施されました。

市タワー美術館が担当する
「日本画 あんなこと こんなこと」が実施されました。
(H30.6.8)

 日本画は、和紙や絹などに、「岩絵具」で描かれていることから岩絵具がどのようにつくられ、描かれるのかについて、講師より丁寧な説明がありました。その後、岩絵具の原料であるいろいろな国の岩や宝石などを見て、実際に顕微鏡を使い、天然の岩絵具の粒の美しさや大きさ、色の違いを確かめました。また、受講者全員が、砂状の岩絵具に溶かした「にかわ」を入れてよく混ぜて絵具をつくり、色紙に季節の果物や野菜などを描きました。日本画に少し触れることができて、日本画の美しさを鑑賞しに美術館へ行きたくなる講座でした。
【受講者の声】
  日本画の特徴である岩絵具について、ひとつひとつ説明され更に顕微鏡をのぞいて見たので違いがよくわかった。実習では、講師の方から個々にやさしい対応をしていただき、にぎやかでとても良い講座でした。

市タワー美術館が担当する「日本画 あんなこと こんなこと」が実施されました。(H30.6.8)

市環境政策課が担当する
「身近な地球温暖化防止活動〜低炭素社会づくりを目指して〜」が実施されました。
(H30.4.27)

 講師より、高崎市は日照時間が長く日射量に恵まれている土地柄であるため、太陽光を効果的に活用できる再生可能エネルギー「太陽光発電システム」の普及や促進を図ることを目的とした補助金制度等について、パワーポイントを使用してわかりやすい説明がありました。
また、地球温暖化を身近な問題と捉え、市役所内でも職員が日常的な取り組みとして、「クールビズやウォームビズ」「照明等のこまめなスイッチオフ運動」を行っていること等が紹介されました。市民一人ひとりが省エネや節電等、日々の生活の中で何ができるのか、環境にとって何がよいのかを考え実践していくことの大切さを学べる講座でした。
【受講者の声】
今回のテーマは、会の活動内容と密接に関連しており、講師の説明もよく工夫されていると感じました。

  市防災安全課が担当する「高崎市の防災」が実施されました。(H29.11.20)

▲このページの上部へ